運用マネージメントシステム

演習例

1.発注先が、仕事を出したいと営業に打診した。早速営業が、技術者と一緒にお客様を訪問した。

2.発注者からラフ図と仕様書を提示された。

さあ
技術者は、持ち帰り、何をしたのでしょうか。発注者は優しくないので、スキルある回答が必要です。

3.次の打ち合わせに備えて作成する項目を書いて下さい。

実務概論1

実務概論2

企業では、従業員自らいろいろな活動をすることで、事業収益、人間関係、
品質改善、業務環境等を向上する目的で、行います。

生産・品質効率改善項目についての例

1)スキルアップ

 スキル要素の洗い出し

 要素レベルの設定

 スキル評価

 教育用資料作成

 教育

2)工数前見積

 パラメータ・集計項目設定

 作業工票の統一

 実績集計

 BM(ベンチマーク:比較のために用いる指標)
 ST(スタンダードタイム:標準時間)の設定

 見積・実績チェックシステム化

 技術者レベル評価、分析

 業務仕様書

 問題点の抽出

 作業標準の作成(手順書)

 作業チェックリスト作成

 環境の改善

3)技術資産の再利用

 テストモジュールの選定

 試行

 登録項目の選定

 運用システムの検討

 IP登録運用システムの確立

 オリジナルIP(intellectual property:知的財産権)の登録

 運用システムの検討​​​​​