JACD.jpg

  • slide
  • slide

キャリアコンサルタントルーム(CCルーム):国家資格キャリアコンサルタント取得者が運営するサイト

Online Site

技術者のための仕事理解
モノづくり実務、小集団活動(品質管理・効率・改善提案・SS一元化・教育ワンポイント・)、インターンシップ事前教育

大手企業がものづくりの活動とした生産管理・品質管理を当たり前のようにしてきたことは、中小企業では、当たり前ではない。

今まで、中小企業の社長様は、1代で築いた自負があるグループ。継承して、売り上げを伸ばしたグループに分けることができるでしょう。
どちらであっても次の経営戦略を考えているのではないでしょうか
人材確保は、若者からシニア活用を検討する。シニアは、育てる事ではなく、持っているスキルが、自社にマッチングするか、うまく使えるかです。
中小企業に、その企業にあった取り組みをするノウハウを提供します。

サポートに多くの士業がある。
中小企業診断士、社会労務士、税理士、キャリアコンサルタントライフプラン作成アドバイザー、安全衛生管理者、公害防止管理者、
電気主任技術者、ボイラー技士など
技術士、弁理士

我々は、実務コンサル、組織コンサルをキーワードとして支援します。
キャリア形成における課題 厚労省

ボトムアップで会社を活性化
どんな職種でもできる提案制度

提案書を作成するにも教育が必要
会社は、人材育成を支援することから考える。
教育訓練給付制度
・・・・・・・・・・・

大手企業で小集団活動と人材育成を仕事のライフワークにしてきました。
国家資格キャリアコンサルタントがお手伝いします。


小集団活動から新たな実務で、企業活動が生まれ変わる。
仕事の初めに手順書
帳票管理No
DX化すること
ワンポイントレッスン
情報の一元化
業務効率改善の考え方
製品改善の考え方
商品開発
人財育成とエンプロイアビリティ(専門、多専、多能)
モチベーション対応
・・・・

------------------------------------------------------------------
セミナー例
今の大手工場では、ラインの自動化が進み、機械学習(AI)がメインとなり、今までのような小集団活動は、古いという方もいます。しかし、
中小企業では、設備投資に多額の費用をかけられません。また、労働基準法が改正され、有期雇用者も含め働き方改革が推進されます。
資金や社員数を考慮すると社員教育、品質保証、効率改善、新商品開発の活動が必要です。だから実務教育活動でしょう・・・

企業の体力がある時、社員への人財育成や新たな事業計画をみんなで出し合う事こそ、会社が元気になる仕組みです。

社員のモチベーションUPが、定着する薬です。
長年小集団活動の企画推進してきたからできることです。今後は、これらをベースに
社員教育のDX化と御社にあった教育の形を作りましょう。


実務教育活動から何ができるのでしょうか
東京都中小企業振興公社取引適正化相談員に在籍中にいろいろな職種の中小企業経営者とお話をしました。(取引適正の相談以外に
社内活動状況を聞きました)
社員の興味、能力、適性も大事、受注依頼の仕事が出来なくても従業員、経営者仲間と相談できるネットワークを作りたい。そして
お客様のニーズに答える努力をする。
今ある仕事をやり遂げるために出来る仕事だけするのでは会社はつぶれると言うことを一部の経営者から学びました。

昔、勤務していた時の営業もそんなことを言っていたことを思い出しました。
我々は、今までの業務経験からヒントを提供します。

オンラインセミナーレジメ。

NPO法人日本アクティブキャリア開発のお問合せ
*********************************************************************************************
1.採用担当者セミナー
中小企業を元気にする採用活動
人材開発担当 新卒25年経験、一般採用5年経験から採用ノウハウを作成しました。
人材採用は、結構大変です。新聞、タウン誌、web採用登録などなど
頑張っても事業にあった人材が来ない。
どうしたらいいのだろう。悩んでしまう。

2.実務研修活動担当者セミナー
中小企業は、代表の思いが強い。また、代表独自の経営管理になっている。
間違いではないが、指示された授業員は、大変になる。なぜなら参考資料を読み取り、理解し、試行錯誤をし、代表の思いを実現させることに
なるが、なかなかできないのが現実です。ハタと困ってしまう。そこで、全員参加の小集団活動とDXをりようした新たなシステムを提案します。
簡単に言えば、ホームページに情報を構築することです。
クラウド化、グループウェア、情報の一元化、フォームなどなど、必要なモノづくりです。

3.実務研修
社員の全員参加活動で、会社を元気にする。
 1.安全衛生
 2.品質保証
 3.業務改善(作業効率)
 4.DX構築

4.実務概論(生産計画管理を学ぶ)
実務概論1
 生産現場は、計画管理を理解する事
  実務をする時、最初に何を考えるのか
  一般的には、作業に必要なデータを見つけたりたり、作成したりするでしょう
  しかし、資料を見ただけで、同じことができるでしょうか
  では、何が必要かです。
 
仕事の進め方指導します。 
実務には、会社の仕事(いろいろな仕事)

 手順書(最初に仕事をする前に簡単な作業順番をメモする)、その後検討し、正式な手順書を作成する
 帳票管理
  いろいろな書類に番号をつける
  議事録に番号をつける
 人財育成(教育、勉強)
 モチベーション

5.ライフプラン

いろいろな人生あり
例えば、学校を卒業後

・定年まで頑張り、再雇用まで頑張った。
・10年或いは、20年頑張ったが、仕事に疑問を持ち辞めた。
・50歳頃にリストラ希望退職の指名があり、辞めた。
・就職後、直ぐ辞めた。
・不況で会社が倒産で辞めた。
・キャリアチェンジした。

起業・創業
・10年経験した仕事をベースに起業した。
・営業先の社長から誘われ辞めた。
・仲間と共同で起業した。
・資格を活かした仕事で創業した。
・2代目として転職した。
 

提供サポート
・中小企業社員様へのライフプラン研修、キャリアプラン研修をお受けします。
 自己理解、スキルの棚卸、会社をよくするには、自分(社員)をよくすること
 実務コンサルティングします。

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

音声合成 (Text To Speech : TTS)

以下に文字を入力して「再生する」を押します。音声はコンボボックスで切り替えます。

  1
  1